草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

働くこと

このまえのhakoギャラリーでの、働くことをテーマにしたお話会では、20名のみなさんのお話が、ずっしりと響きました。
働く、というのは、まさに生きることで、それは食べることもそうで、
食べるために働いているのだけど、
ともかく、「生きる」がテーマになるから、真剣な話し合いの場になりました。

Kさんが、生きるために働いているのに、それで過労死したり病気になったりするのはたいへんな問題です、
といって、みんなうなづいていました。

そのことが、春あたたかな気持ちのいい日に頭からはなれません。
思うように働けなくて、稼げなくて、
思うように生きられていないと、悲しんだりやけになっている人が、
こんな穏やかな天気の日にも暗くうつむいていて。

お金さえあれば、とお金をかりたり、株でお金をすったり。

もちろん、借金をして、起業して、成功していくやり方もあるし、
会社に株で協力するという社会参加もあるし、
パチンコでもラスベガスでも、賭け事で遊んで悪いということもない。
泥棒だって、ネズミ小僧みたいのもいるし。

いったい、わたしはどういうふうにこれから生きて、働いていくのかなあと
ちょっと自信がないような気分になるけど、でも
正々堂々と生きる、これしかないと、春の日に、子供みたいに決意しました。

それこそ子供をみていたら、ずるいことやうそをつくし、
人間にはそういうところが皆無とはいえず、ずるさやうそが、
工夫や芸術になったりもするわけだけど、
でも全体的には、正々堂々とはたらきたい、生きたい、
それしかないわあ、なんて桜のつぼみを細目で眺める。

自分のいやなところ、だめなところは、どんどん見えてくる。
精錬潔癖を目指すわけではなく、素直さを身につけていきたい。

お話会では、ルソーの言葉を引用して、
人間の天職は、人間であること、といいましたが、
その人間であることを探しています。
天然自然の元での、生き物としての人間、
あの猫みたいに、おもしろい生き物のはずです。

musi
下の写真は一人暮らしのときにいっしょにいたほたるという名のシッポの生え際だけ三毛の白猫

ほたる1






  1. 2014/03/28(金) 21:14:30|
  2. からだとこころ

新月の前後

草虫朝焼け

その新月の二日前、訳あって早起きしてよもぎ上原の坂を下ろうとしたときに、
朝焼けと欠けていく月をみました。
そして、しずかな年末と年明けを雑草園ですごして帰る道すがら、
あのときの月と、時対称というのでしょうか、あわせ鏡に映したような風景に出会いました。
写真がないけど、夕焼けと三日月をくっきりみました。

あの朝焼けの月に見とれたときに、年があけて、こんな心持ちになっているとはまったく想像していませんでした。
xusaが書いたようにミラクルが起こっているのかもしれません。
未来のことはわからない、でもミラクルよ! 未来ってミラクルって読めるのですから。

なにをしているか、ではなくて、どのようにしているか、が大切だってことに、
さめざめと気づいたのです。
多くの人は気づいているのかもしれないけど、わたしははじめて知ったような気がしていて、
がくぜんとしています。
去年一年のいろんなできごとが、三日月の日に言葉としてやってきたようでした。
なんだかわけがわかんなくしか書けませんが、
やってきた言葉がこんどはじっさいの行いにあらわれてくるのでしょう。

というわけで、
むけましておめでとう。

みんなもむけた?
まだむけてない方もまだ旧暦、月暦新年がありますね。

去年みつけて飾っていた蛇の皮は土にかえしました。

草虫脱皮だい

草虫脱皮アップ
目もむけている、まさに目からウロコ

musi

  1. 2014/01/04(土) 14:29:27|
  2. からだとこころ

心も満ちるって

世間はクリスマスの朝、チクチクつくろいものをしていたら、ラジオから
「こっこっろ〜も、マンタンに〜 こ、す、も、せ、き、ゆ」と流れてきて、
あのころのあの子のこと、そんなあの子のような境遇にいる子たちを思う。

夫婦仲がよくなくて、どうなるかってもんもんとしていた男の子とよく遊んでいたころ、
その子がにっこりとそのCMソングを歌って、
でも、ふととまって、
「のりか〜、こころもまんたんって何?」っていったのでした。

こどもの手

わたしはあのときなんてこたえたんだろう。

いまならなんてこたえるだろうか。
もうすっかり青年になったあの子は、おぼえているかしら、自分の問いを。

満ちる心、心を満たす。
マンタンになった車にのって、みんなうれしいんだろうな。
どこにいくんだろう?

○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●
どんぐり2

どんぐり1

落ち葉布団の中のどんぐり子たち。
どれだけのどんぐりが、どれだけの木まで育つのかわからない。
でもみんな育っている。

musi
  1. 2013/12/25(水) 12:26:25|
  2. からだとこころ

IIDでのヨガクラスのご案内

xusaはとってもしなやかな人です。つなわたりも初見(?)でできちゃうくらいの身体能力。ちょっと天才系ですね。かっこいいんです。

musiはどんくさいけれども、体を動かすのは好きなほう。
でもこれといった運動をしないまま、農作業みたいな肉体労働だけはしてきました。
わざわざスポーツをするって照れくさいというか、めんどうというか、
やらなかったのです。
瞑想もそうです。わざわざするもんではない、とえらそうに思っていた節もあります。

それが島田麻衣さんに会って、
私が庭仕事をしている同じ世田谷ものづくり学校でヨガクラスをされていることを知り、
庭仕事とあわせてやるようになりました。
(ヨガはスポーツではないのですけどね。。。でもスポーツって本来はどうなのかしら)

ともあれ、縁があって
この一年は週に一度ほどやったせいか、わたしにしては、心身感覚がずいぶん開きました。
内側にも外側にも。
気づかなかったことに気づいていっているような。
心と体って、ほんとうにつながっているんですね。

そして、また
土などの自然に触れることと、自分の肉体に触れることは、
実は同じようなことで、その両方からのアプローチがおもしろいのだなあ、と感じています。

ヨガをする部屋は、もともと澄敬一さんがディレクションされた場所。(池尻大橋にあった「push me pull you」をつくった方ですね)
時間がたちましたがさすが澄さんがされただけあって、その清らかさはつづいています。
都内にこんな空間で心身をのびのびさせられるところは少ないと思います。
(料金も良心的です)
お近くの方は、ぜひこの空間で、島田麻衣さんのボディワークを体験してほしいなあ、と思います。

彼女は均整のとれた美しい体をしていて、動きも踊りのようで、見ているだけで、こちらもしなやかな気持ちになれます。
そういうタレント性ももった彼女ですが、体の弱いところももっているせいか、いたわるようなリードをしてくれます。
はなやかでやさしい。やわらかい美しさというのかしら。

土曜の朝と火曜の夜のクラスがあります。
日曜は同じ場所で、二児の母である新井くるみさんがやっています。

朝は朝で、夜は夜で、きっとなにか深いところを感じるでしょう。

ちなみにわたしが火曜の夜に麻衣さんとのひとときを過ごしたら、そのあとは何も食べずに(できれば仕事もせずに)、お風呂にはいって寝ます。
こうやって静かな力をたもったまま眠ると、穏やかにすっきりした朝をむかえます。
ふつうはお腹がすくのですが、夜のヨガのあとは充たされた気持ちになるのか、平気です。

スクール

+++
IID世田谷ものづくり学校211studioにて開催しているヨガ教室

毎週火曜日夜 19:30~21:00 しまだまい
毎週土曜日朝 9:00~10:30 しまだまい
毎週日曜日朝 9:00~10:30 新井くるみ


参加費 
1レッスン1,500円
※初回の体験レッスンの方は、レッスン費が無料になります。

予約
お問い合わせ、お申し込みは yoga211.k*gmail.com (*を@に変えて送信してください)まで。
マットも無料で貸し出しを致しております。お気軽にご連絡ください!

アクセス
電車
地下鉄田園都市線「池尻大橋」駅下車 徒歩8分
世田谷線「三軒茶屋」駅下車 徒歩約15分



  1. 2013/03/27(水) 21:42:13|
  2. からだとこころ

don't believe in ...

信じるものは救われるというけれど、妄信ともいう。

musiは志向性としてはフラワーチルドレン、誤解をおそれずにかけば、
そういう「ファッション」がらくちんだ、いまでもね。
ふつうのOLとかは、むずかしかった、仕事の内容はさておき、その服装が。

でもふつうのOL体験をする前に、そのヒッピー風なファッションにもいや気がさした。
xusaと出会ったある祭りで、集まってくる「いかしているなあ」って憧れていた大人たちは
ネクタイとタバコが、長髪とガンジャに変わっただけで、結局同じじゃないかと失望した。

それはそこに頼っていたから、失望したんだ。
何かそこに明るい解決があると、信じていた。
もちろんそこに救われたところもあるけど、たよっている限りはどこにいっても同じなんだね。

今はどうだろう。
もうひとりのわたしが、わたしを見ている。
つめたくて、あたたかく、つきはなすようで、つつんでいる。 musi

GOD
  1. 2013/02/17(日) 21:22:17|
  2. からだとこころ

役割をかえっこ

13日からご近所のhakoギャラリーえみおわす展で、TABI食堂のアシスト。
春はたくやくんがmusiのアシストをしてくれたので、役割交換です。
まったく同じ場所でとりかえっこっておもしろいですね。

違う視点でものを見る、ってよくいうけど、すばらしい体験なんですね。

なかなか相手の立場になるっていっても、実際はむずかしい。だからほんとうにとりかえっこっていい。
妻と夫、親と子、なら、ちょっとできるかな。

できれば、人と虫、人と牛、人と木、人と石、とか かえっこしてみたい。

musi




  1. 2012/09/14(金) 21:39:44|
  2. からだとこころ

死んでのちに

書斎

生前になんどか会ったことのある人の本がもうすぐ出版される。
彼女は膨大なノートを残して、たしか70代後半で死んだ。
その中の江戸時代の俳諧に関する研究が、彼女の知らないところでまとめられたのだ。
わたしは、奇妙な縁で、その本づくりに少しだけ関わった。ほんの少しだけ。
3年にわたる編纂。

身内の人は彼女の研究を理解しないし、それどころかやめてほしいと思っていたようで、彼女のノートはその研究に興味のある他人の手にわたった。
そしてもうすぐ世に出る。

こういうことってあるんだ。

逗子に住んでいた人で、夫はちゃんとした会社の役員をつとめあげた人だったと聞いたような。
ただ確かに覚えているのは、「あっちのことにはとっても淡白だったから、助かったわ」と彼女がいったこと。
最低限の家事しかしないで、あとは自分の興味の研究にあけくれた女。
いってみれば欲望のままに生きたのかもしれないけれど、
でもいつもどこかを押し殺している風だった。
太極拳の名手でもあった。

無声の詩、有声の画。
それが芸術だとか。

明日は逗子に行く。彼女の気配があるだろうか。

musi


  1. 2012/08/23(木) 14:36:54|
  2. からだとこころ

潮でみそぎ

seaonthe

おとろえはじめた肉体をおおう、死へむかう肌
いつからか張りはなく
(張りがあるときには張りをかんじない)

日にさらすことへのはじらいは、若い頃とはちがった意味で。
しかしまだ、海への切望がある
はじらいなんて、こえるほどの、生への渇望。

海に身をさらすひととき。


翌朝、まどろみながら、
シーツにふれる肌
潮のまじった太陽が、わたしの薄皮になっている

ひとかわ 夏の日をまとって
いきかえる


musi
  1. 2012/08/14(火) 18:55:12|
  2. からだとこころ

ゆたかにストイックに

都内某所。緑の森という名のアパートは古い洋館。
その部屋に住む人の美意識が申し分のなく発揮されたしつらえ。
ストイックな美意識、というのか、、、一見、矛盾したような、傲慢のような世界観?
でも彼はそれをごく自然に、ここちよく、そして色っぽく生きている。
軟体動物っぽい彼女がそばにいるといっそう。

写真


緑の森の夜会で出た話。
用途から離れたもの。
庭のお茶の葉の色。
国会議事堂前にいったこと。
掃除機の吸引を使わず、引き出しの隅を掃除するには、撮影のときに使うブロウワーが便利。

musi
  1. 2012/07/27(金) 13:46:57|
  2. からだとこころ

天と地の間(はざま)に立つ*身体講座

こんどの3月18日
こんな身体講座を開催します。
ご興味とタイミングのあう方はxusaメールまで。

天と地の間w
  1. 2012/03/14(水) 12:31:21|
  2. からだとこころ
前のページ 次のページ