草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

水道使用量や二槽式洗濯機のこと

musiさんの↓の記事を見て、わたしもすこし水道のことを。

一ヶ月の水道使用量は、うちは3㎥〜4㎥。
かなり少ないほうだと思いますが、
ふつうのお宅は水道使用量はどれくらいなのでしょうかしら。

ここは山の中ですが、一応水道はひけてます。
でも山の中なので、水道をポンプアップするのに通常のパイプより口径が大きいそうで、基本料金がとても高くてまいってます。
せめて節水しよう、と、
飲み水は葉山の湧き水。
庭の水撒きや、染色には雨水を溜めています。
トイレはときどきノグソフィア。。

 追記:ちなみにこんなちょっとの使用料なのに、一ヶ月2000円以上なのです。水道局に聞くと、10㎥までは同じ値なので、「こんなことを言うのもおかしいですが、じゃんじゃん使って下さい」と正直なお答えでした。
 なので、節水は意地です*


うちは登山道のような急坂を歩いて上り下りするしかない立地にあるので
湧き水もすべて担いで運びます。
週に1度は水汲みに。
山小屋の荷運びの人の様相です。

musiは今洗濯機ない生活のようですが、
わたしもほぼ使わない暮らし。
うちの洗濯機は20年以上前に買った二槽式。
全自動は好きではなく、二槽式LOVEなのです。
洗濯もふだんはお風呂に入ったときなどに一緒に手洗いして、脱水として使うことが多いです。
それには二槽式はほんとうにシンプルで、最適。
ピ、ピ、というスイッチというものはなく、ゼンマイのダイアルだけなのも素敵です。
もう売ってないだろうなあ、
これが壊れたら私もmusiさんと同様、いよいよ洗濯機なし暮らしですね。

水道だけでなく、電気もかなり少ないほうかしら。
なにしろ電気を使うのは、照明と冷蔵庫と時々洗濯機、あとパソコンくらいです。
電力自由化だそうですが、どれに変えたとしても、こちらもお話にならないくらいの電気使用量です。

これ以上落とせないくらいの最低限暮らしですが、
でもまだまだ工夫はできますね、きっと。

xusa
  1. 2016/03/22(火) 23:11:10|
  2. 自然環境

水洗トイレ

水洗トイレのタンクの部品交換ができました。
自分で修理ができなくなり、タンクの水の開閉を調節するボール全体を替えたのです。
1年前に問い合わせたら、もう生産していなかったので、古いものが出たら連絡するっていわれていたのですが、新たに生産するようになったそう。
前の倍くらいの値段とのこと。

お水をジャーッと流せるようになったときはその水の巡り具合に感動したけど、特別なとき(どんなとき?)以外は、これまで通りに、バケツに水をためて流すことをつづけることにしました。
だって、ようやくこの習慣に慣れてきて、ある意味システムができてきたから。
夜お風呂で洗濯して、すすぎに使った水をトイレに運んでおくととっても便利です。

水を使う量は去年の同じ時期の比較で1㎥も違う。

musi



  1. 2016/03/13(日) 23:13:03|
  2. 自然環境

水洗式便所

ヨモギ上原のお手洗いは、
木製のハイタンクでの水洗式便所(説明すると長い)です。
チェーンをひっぱって水を流すもの。
なんどか修理してきたのですが、水をためるための浮きボール(というのか)の位置がうまくあわなくなって、水がつねにぽたぽた出ている状態になりました。
ほんの少しなので、水道代は100円あがるかどうかぐらいですが、そのぽたぽたという音が気になる。
そこで、タンクに水をためるのをやめて、タライに水をためて、その都度流すことしました。

けっこうな水の量をつかう。。。

なんだか新しい水を、自分が出たものを流すのに使うのは気がひけて、手を洗ったあとの水をためたり、台所で出た水を運んでいます。
庭の水やりが、雨樋からの水でまかなわれるようになって、台所の水を使わなくなったと思ったら、こんどはトイレに使う運命だったのです。

そっか。。。そういうことだったんだ。

日本は水に恵まれた風土だから、すべては「水に流す」という思想もあるのだけど、それでも、自分から出たものを流すための水をこんなに使っていたとは。
少しでも減らせば、ダムをたくさんつくる必要もなかったのでは?

人が密集して暮らす都会ではコンポストトイレはむずかしい、とあきらめてしまわないほうがいいのか、とか。

とか考えながら、お客さんきたら、タンクに水をためて、ふつうに水洗式ジャーにする。
さいしょの一撃の爆音にびっくりするけど、いたって簡単にことがすみ、らくちんだなあと思う。
でもこれが「文化的」というのは、違うなあと思う。
文化っていうなら、この水の使い方、この排出物の行方に、思いをめぐらして、どうにかしたい。
しばらくは、台所の水をためながら暮らして、探してみよう。

musi

:::::

うちは、外の水道がないので、このけっこう広い庭の鉢ものや畑の水撒きに
台所の洗い物の水や、せんたくの濯ぎの水をウンショウンショ運ぶ毎日ですよ。

染めの水も、雨どいが壊れたところに大きなバケツを置いてて、それを使用。

トイレも小用はときどきお庭で。
前はノグソフィアも。
場所がなくなってしまったりで、今はなかなかだけど、いかに水を使わないかのミニマムな日々。

水道使用量は最低ランクなのだけど、ここは山なので、パイプの口径が広くないと汲み上がらないそうで、
基本料金がものすごく高くて、それは泣きます。。  

xusa
  1. 2015/10/26(月) 07:52:43|
  2. 自然環境

日陰の庭

ヨモギ上原のmusiんちのお庭は日陰の庭です。前にもなんどか書いているけど、shade garden。ただし内縁(うちえん)には日が射すので、夏はよしずを下げています。
今朝、藍染めのガーゼが透けて、あんまりにきれいなので、写真を撮りましたが、目でみたのとはぜんぜん違う。
遠景にあるプルンパーゴのブルーと響きあっていたのに。

RIMG0697.jpg

青は、夏の終わりにしみじみ目に映る。
それはきっと夕方の青にも通じるのかも。あるいは青は、死、とか、生まれる前、とかと関係あるからかも。
青い光、青嵐。闇と光のあわい。
ともかく、盛夏! よりも、少し夏が去りそうなころにしみじみする。
そのせいか、青い花は夏真っ盛りは少しお休みして、立秋過ぎにいきいきするのが多い。あさがおも秋の七種のひとつだし。

さて、去年、縁側の工事をして、瓶を移動して、樋とつなげたら、とっても調子いいです。
(水があふれて家のほうにいかないように少しかたむている)
庭にあった水道は水やりには使わなくなったし、これまで夏場は台所で使った洗い水を植木鉢の子たちにあげていたのが、瓶の水でほぼことたりるので、労力が減りました。
雨水タンクほどのたいそうなものでなく、瓶をおけばいいだけなので、設置も樋をなおすのも簡単ですから、おすすめです。
ぼうふらがわくのがたまにきずだけど、毎朝、このぼうふらをすくって、メダカにあげています。

日陰の、蒸し暑い庭(常識的には最悪の庭といわれますが。。)ではこんにゃくがよく育ちます。今年は、水瓶のそばに植えた子が立派です。
写真の奥右。

RIMG0683.jpg

渋谷区、こんにゃくの産地になれる可能性あり。

musi
  1. 2015/08/20(木) 00:32:06|
  2. 自然環境

ゆきさんのことば その2

「そりゃあ、お金もかかるし、家にいたいんだけど、息子たちが、心配だっていうからさ、行ってるよ。心配させたくないからねえ」
おばさんは週のうち、4泊5日で介護老人施設に泊まっている。
でもそうとう元気なので、施設では洗濯物をたたむ手伝いをしているそうで
「ゆきさんには、お給料払わなくちゃ、っていわれるけど、わたしそんなのいらないの。だって自分のためにしているんだから。なんにもしないとぼけちゃうからねー」

こんな元気なゆきさんだけど、おじさんが亡くなって、しばらく息子さんとこにいってらして、帰ってきたばっかりのときは、よたよたで、頭ももうろうとしてらして。
家人と、おばさんももうすぐいっちゃうんではなかろうか、と話したくらい。

それが、家にいて外に出てるうちに、みるみる復活して。
そしてしばらくして、家族のすすめで、ホーム暮らしをするようになって、わたしは少し心配していたけど、
暮らしのリズムをご自分でしっかりつかんでいる。
(孝行息子が、親を家に呼んで、老いをすすめたって話はよくあるそう)

一度、ご両親のことを聞いたら、
「里の親が具合悪くなってね、お金がないから、バスになんてのれないからよ、子どもをおぶったりして、歩いていったから、間にあわなかったよ。」
一時間近く歩いての里帰りだったそうです。

今日、久しぶりにゆきさんに会って、縁側でアイスキャンデーをいただきながら、お話を伺っていると、人生について、歴史について、社会のありようについて、現実として身にしみる。

土と生きてきた人の潔さに、まだまだ、まだまだ、わたしは及ばないけど、
学びの途中をあきらめない。


musi
  1. 2015/08/16(日) 22:49:03|
  2. 自然環境

ゆきさんのことば

82歳になった父の具合が整わず、急に実家に帰ったり、と畑小屋になかなか行けないので、となりのゆきさん94歳に留守居の挨拶にいったときに、
「まだ若いのにねえ。。。
お母さんもたいへんだろうけどね、いっしょにいられるってのはいいもんだよ、
若い時はけんかしたけどね、それは若いからで、
年取れば取るほど、夫婦は助け合っていくよ。
わたしもね、おじいちゃんの世話が疲れるなあって思ったときもあったけど、いないとさみしいよ。
いまも、さみしいよ。」
っていって、わたしがもっていったトゥルシーのお花と、菓子折りを、仏壇にもってって、チンと鳴らして
「おじいちゃん、石田さんからいただいたよ」って話しかけた。

「わたしも、息子が(横浜在住)こいこいっていって、おじいちゃんが亡くなったころにいったけど、都会は冷たいねえ。三ヶ月いたけど隣の人にもあわなったよ。それによ、都会は道であったら、挨拶どころか、顔をそむけるじゃないよ。ここだったら、今朝も○○ちゃんが道を通って、わたしがこっちにいたら、遠くったって、挨拶するよね」

「おかあさん、こっちにこられたらいいよ、
ここはね、おしゃれなんかはできないけど、あたしゃ、おしゃれなんてしなくったっていいんだけど、
食べるものはそこらにつくっとけて、不自由しないよー」

ゆきさんは正直ですてき。
この日、「ナス、もってかない? 息子が固いっていって食べないけど、お宅、煮たら食べられるよ」って。
いつも息子がもってかなかったから、ってわたしにくれる。

musi
  1. 2015/08/12(水) 22:52:28|
  2. 自然環境

夏は手績みの苧麻布礼賛

東京の、渋谷の、よもぎうえはらの夏はきびしい。
おそらく町内すべての家にエアコンがあるんでしょう。
musiの家にはそれがないので、渋谷区中の室外機の熱を一手にになっている。。。
ラジオをつければ「適切に冷房を使って熱中症を防ぎましょう」なんていって、あーた、エアコン販売と電力会社とグルになってんじゃねーの? ってぼやきたくなる。
が、しかし、どうしようもないので、敬虔なイスラム教徒よろしく一日に五回以上の水浴びで、心身を清めておりまする。うちにお風呂があってよかった。(ついでにお洗濯マニアになってます。洗濯すると涼しくなるの。とうとう洗濯機を買おうかと思い出していたのですが。。。夏は洗濯機はいらないわ。)

シーツはもう梅雨明けから苧麻にしていたけど、今年の夏は、いろいろあって、夏支度がおくれにおくれて、今日、やっと苧麻のしつらえができました。
部屋のしきりをあけて苧麻のパーティションにして、貫頭衣的ブラウスにしたら、もう快適です!
リネンとはぜんぜん違うし、ラミーの紡績の布ともぜんぜんちがう。

手績みで繊維がつながっているので、熱をはらまないのです。
Tシャツみたいなニット素材ではなく、平織りです。

中国での手織りのものを青土さんから買った布です。
もうなくなっていくんだろうなあ、残ったとしても、高価になるだろうね。
と思いながら、もう一着、ちゃんとした形でつくろうかな、と思う。

熱中症対策には、手績みの苧麻布で決まりだね!

古い反物でコンディションのいいのがあったら、ぜひ夏服をつくってね。
それも下着にするか、下着を着なくて、素肌に触れるような服。


以上、苧麻礼賛のmusiでした。




  1. 2015/07/29(水) 22:09:30|
  2. 自然環境

草刈りやら開発やら



また草を刈られちゃった・・
愛してやまない、家の前の細い山道、
草たちがこれから!さあ、草の季節、始まったなあ,。
とうれしくなる、同じ頃、
草は刈られる。
そういう運命。
これから秋にかけて、なんどでもこの風景、
朝一番のこの姿にがっかり。

それはもういたしかたないのですが、
美しく咲いていた草は回転歯ではじきとばされたまま放置。
草が青々と茂っている光景と、
こちらの、どちらが美しいか、、
毎度ながらの不可思議現象。

そんなことも思いながら、musiさんの神宮の国立競技場の立替えの記事も思いつつ
(私は去年この署名もしていたのです)
人類はどこまでも手を入れる、手をつけるのが習性なのだなあ、
そのまま、あるがままにできない性があるのでしょう、
開発、開拓、
どうしてもそちらに行く、、
など思いながら、今朝この山道を散歩してたら
うちのすぐ上の空き地に不動産屋さん、
聞いてみると、この空き地の駐車場計画・・!

ここは車が通れない細い山道。
だからいろんな鳥や小動物や植物が生きている。
そこに車の道を通すとは。
高尾山もくり貫くし、そんなことは造作ないことなのでしょう。

草刈りだけでもショックな私には
穏やかでいられない、
悲しい朝でした。

人は途中で引き返すことが出来ない、
行くとこまで行く、そんな生きものなのでしょうか。

xusa

IMGP8195.jpg

  1. 2015/04/24(金) 09:00:44|
  2. 自然環境

神宮の青空と

musiの地元はよもぎうえはら。
なぜかこの地に縁があって、東京に来て最初に住んだのもこのあたりで、その後一時西荻窪や(ここでxusaと会うことになる)、小石川に住んだけど、親戚の家があった関係でまたヨモギ上原にきて、もう20年近い。

新国立競技場のことで、いつもいただくメールがあります。
できれば古いまま使えばいいのになあ、と思っていたけど、そうはなりません。
騒々しくなるし、またもや大量のゴミです。

渋谷が原っぱだったときには、すすきをかきわけてあるいたんだよ、たぬきも出たし、っていってたおばあさんがいたけど、そんなときもあって、古い競技場ができて、今にいたっているわけで、なんとも人が生きるということは、何かを破壊することなのだと、この矛盾に、ことばがない。
自分こそが矛盾だらけなのだから。

でもこういう活動をしてくれている人たちがいて、見えてくることがあります。
神宮外苑と国立競技場を未来へ手わたす会
お時間ありましたら、ご覧下さい。

戦争よりもスポーツのほうがましだ、ということか。。。
  1. 2015/04/17(金) 22:00:45|
  2. 自然環境

丸太が板に

IMGP3022.jpg
IMGP3058.jpg

苧麻を糸にするよりも、杉を板にするのは、おおがかり。
たくさんの人の手と、最後は車や神奈川県の森林組合の製材機械で板になりました。
4mでなく3mの長さに切ったのは、賢明な判断でしたね。軽トラにものったから。

大工のたっくんのことば。
「最初はちょっと大変でしょ〜。
なんって思ってたけど、
できるんだね〜。

ひとつできること増えました。」
 
うまく乾いて床になりますように。

それにしても、過去にはこの杉をぜんぶ手で加工していた時代があったとは。。。

musi
  1. 2015/03/27(金) 19:54:26|
  2. 自然環境
前のページ 次のページ