草虫こよみ xusa musi coyomi

:::::::::::::::くさ むし そら うみ つち ひかり

7月の草講座

IMGP5898.jpg

musiさんのお庭は「簾ごしの庭」のようですが、
うちはさしずめ「草越しの庭」でしょうか。

猛暑の都会暮らしのmusiさんには申し訳ないほど、緑の風が心地よい日々です。
やたらとはびこるトケイソウのグリーンカーテンをかき分けて庭へ出入りするワイルドライフ。

musiさんが好きだという、お茶室の露地スタイルなどは、
京や江戸の屋敷のように囲われたミニマム暮らしから来る、とても都会的なものなんだなあ、と
今日読んでいて気がつきました。
この海辺のダイナミックで野放図な土地に暮らしているとつくづく、縁遠い世界です。

東京の住宅地育ちのxusaですが、
身体はいつのまにか思いきり無制限の解放に向かってしまったようです。

そんな夏真っ盛りのなか、
草舟では元気よく草講座はつづきます。

7/31はまだ少し空席があります。 受付終了しました
8/19には「てのひらワークス」千年続く日本古来の技法、白なめし革を使ったサンダルつくりWS開催。
近々お知らせをいたします。乞ご期待。


7月の草講座

草たちが最も元気で伸び盛るこの季節、
その草のエネルギーをこの時季に、あらゆる感覚器官を通して取り入れておくこと、
それは身体の循環に大切なことのように感じています。

夏の草講座のご案内です。
草のあれこれ、7月、8月と講座は続きますが、外は暑いので室内の手仕事です。


【草講座*草のおしえ=モグサつくりと日々の薬草・草のお茶=】
_______________________________________

矢谷左知子

草舟の庭は、野生の草の宝庫です。
雑草と言われる草のほとんどは、人の暮らしに役にたってくれるものたちです。
庭の草たちを摘んで料理やお菓子につかったり、お茶をつくったりの日々の中で気づく草のこと、
草のおしえのお話と野生のヨモギのモグサつくりの時間です。
草のお茶を飲みながら、身近な草と向き合ってみましょう。

■日時  7月31日(木)10:00-13:00 受付終了しました 
■参加費 2500円・要予約

::::::

*お申し込みはこちらのメールフォームよりお願いいたします。

IMGP6003.jpg
いちだんと茂ってまいりました

xusa
  1. 2014/07/28(月) 14:16:21|
  2. xusaのしごと

草講座 in 四国

草講座 in 四国

今月後半、四国で草講座をさせていただくことになりました。

四万十と阿波。

どちらも震災前までは葉山に住んでいて、
町づくりのことや、自然農のことなど、いろいろと一緒にしていた友だちが
それぞれの地に移住し、そこで開催してくれるのです。

おまけに当日の草講座のランチは
四万十では、TABI食堂ささたくやくん
阿波では、ひだまりむすひ安西ジュンくん
どちらも草系料理の比類なき天才たちです。

なんて素敵でしょう。

しみじみ感慨深く、
そして
しあわせな気持です。

すぐ近くの距離に住んでいた友人たち、
といっても私にとって息子、娘くらいなのですが、
世代も関係なく、付き合いの時間も関係なく、
一瞬で感じ合い、
一気にボーダーを超え、
交わいあってきたなかま。

今彼らは四国の地に点在し、
次の文明の入り口を開いているのです。

今回はそこを繋いでの草講座をさせてもらうことになりました。

まだ受付をしています。

四国・瀬戸内文化圏のみなさん
タイミングがあえば、ぜひ私たちに逢いにいらしてください。

草文明のはじまりを、ともにいたしましょう。

四万十のwsの連絡先はチラシをご覧下さい。
阿波の連絡先はこちらに載っています。
http://blog.goo.ne.jp/hidamarijunnkan

xusa

四万十の友人たちがつくってくれたチラシです。

omote_outline.jpgura_outline.jpg
  1. 2014/06/17(火) 17:58:47|
  2. xusaのしごと

トケイソウのレインフォレスト「海辺の草こよみ」より

IMGP5561.jpg

雨にもかかわらず、庭のトケイソウが盛大に咲き誇っています。

そのまっすぐな姿に、こちらも元気をもらうことができます。

この10日間ほど、めずらしく不調で、家にこもっていました。

とはいえ、大好きな雨のシーズン、
窓からの日一日伸び盛る緑たちをワクワクしながら眺めていました。

そんなことを書きました。

「海辺の草こよみ」BRISA連載 最新記事

xusa

IMGP5315.jpg
  1. 2014/06/07(土) 15:34:25|
  2. xusaのしごと

葉山芸術祭2014 草講座 参加者募集中

草文明3


今年も葉山芸術祭の季節が近づいてきました。
去年の後半からすっかり休眠状態だったxusa、
訳があるワケでもなく、自然にしていたらそうなりまして、
気がついたら暮らしも干上がっていましたが、心持ちはますますピースフルに、充たされています。
ワークショップもすっかりお休みしていましたが、いよいよ春、始動です。

葉山芸術祭参加のお題は、その名も
「草文明のはじまり」としました。
今年はいつもの草仕事に加えて、森の探索もあります。

:::::::::::::::::::::::::::::

草文明のはじまり
連続草講座 WORKSHOP

2014/5/5-5/15
10:30〜
各回要予約
*草弁当をご希望の方は別途ご予約ください。

身近な野生に触れ合う実践草講座。
これまでしてきた草仕事を一堂に集めました。
自然界と人とのピースフルな共生を意識の上でも現実でも始める時を迎えています。
それを「草文明」と名付けてみました。
そのはじまりをご一緒しましょう。

連続草講座、まだこれから更新していきます。
葉山芸術祭のサイトもご覧下さい。

参加ご希望のかたはメールにてご連絡ください。
詳細は直接のお返事にておしらせさせていただきます。

xusa

草文明3裏
  1. 2014/04/03(木) 15:40:12|
  2. xusaのしごと

雪の森にて ’Love is the Movement’ セヴァン・スズキさん@SYOKU-YABO農園

IMGP4558_2.jpg


ミラクルな雪の一日でした。
当日は大雪も止み、一面銀世界のキラキラのピーカン!
一年でも一度というほどの澄みきった空気で、いつもは見えない対岸の箱根や伊豆半島の山々の細かい襞までがクッキリと浮かび上がっています。
遠い山々が手にとるように近いのです。
前日でも翌日でも、あの美しい景色はなかったでしょう。

森の中での、自然からのギフトでのアートワーク、
奥まっていたうえに、足場も悪く、たどりつけなかった方が多かったのですが
森の中にはこんなものが出現していました。

そこは、この森の守り神、楠の大木の神域のような清浄なスポットで、風からも守られ、とても心地よい場でした。
わたしたちはあまりの楽しさに夢中になり、逆に下のマーケットに行けずでした。

来場者とスタッフを合わせると400人以上の人たちが集まったフェス+マーケット「’Love is the Movement’ セヴァン・スズキさん@SYOKU-YABO農園」
ステージではセヴァンさんのお話や地元のミュージシャンのライブ、地元のお店の出店など、100%地域の力でつくってセヴァンさんをお招きした、
手作りのあたたかなイベントの日でした。


枝1IMGP4561.jpgIMGP4576.jpg


本来はセヴァンさんと一緒にみんなで森を歩いてそこに行って、
参加希望者全員でのワークショップということだったので、たくさんのアイデアを考えていたのですが、
このお天気ですべて白紙。
当日の朝、現地を見て、その場でワークを組み立てることになりました。

その時そこに在るものがテーマの、完全に自然条件のなかでのWS。
これは雪をキャンバスに見立ててやりなさいってことなのね、と急きょ、雪が素材になりました。
それと、この雪で折れてしまったたくさんの枝と、そこについている葉っぱ。
道具は自分たちの手だけで。

楽し過ぎて夢中でやっていたら、参加者の方が、わたしたちが素材にしている葉っぱは楠の木の葉っぱ、とおしえてくれました。
根元をその葉っぱのリースで飾り、根っこの形にしたところをその葉で埋め尽くして。
幹を間に、上にも下にも楠の葉っぱ。


IMGP4570.jpgさちこ0


来てくれた人のなかには、楠の木の声が聴ける人もいました。
楠の木はいつもひとりでいるけれど、
その日は朝からほんとうにたくさんの人が自分に向かいあって、
笑いあって、たのしんでいることを、とても喜んで、
その楽しいエネルギーをあたり一帯に、また振りまいてくれていたそうです。
「その創造性を大事にしてください」とも。


はっぱ1


ほんとはセヴァンさんと一緒に楠の木と皆で交感、というのをやりたかったのですが、
それはともかく、というくらい,楽しくて楽しくて、
この雪の一日、こんなに素敵でやさしい大きな木と存分に遊ばせてもらうという、
ミラクルな時間を過ごさせてもらえたことに、ただ感謝でした。


セヴァンさん


天候がもたらしてくれた、その時だけの、一瞬の自然界からの贈りものを、
そこにいる人たちとクリエイティブにシェアするって、なんてワクワクなことでしょう!
そしてその気持を木は枝先まで吸い上げて、そこからさらに遠くに伝えてくれてる、なんて。

大雪のため、みんなが車をやめて歩いてたどりついたこの日、本来的なギャザリングの一日だったように思います。
この日、そこに集った、たくさんのピースフルで創造的な人々が紡ぎ出した時間は
まさにLove is the Movementだったなあと思いました。

xusa


さちこ3楠上
  1. 2014/02/26(水) 22:45:06|
  2. xusaのしごと

セヴァン・スズキさんと草ワーク@SYOKU-YABO農園

2-16_Severn_A-1-500x355.jpg


2月16日、セヴァンさんが三浦半島に来てくれます。

地元の私たちが大好きな、ステキなSHOKUYABO農園に。

そしてそこで、私はセヴァンさんと草のワークショップをすることになりました。
セヴァンさんと一緒に、自然のなかで触れ合う時間、
参加したい方、こどももおとなも、全員参加できるWSをかんがえました。

その時、その場所だからできること、
この季節だからできる自然との交感。
そこにあるもの100%で、草のアート。
この時季だから落ち葉かな。
さて、なにができるでしょう?
私がいちばん楽しみです。


セヴァン・スズキさんはカナダの環境活動家
12歳のときに国連の地球環境サミットで、環境破壊によって傷ついた動物たちや、貧困に生きる子供たちの代弁者として、
毅然と、怒りをもって大人たちへのスピーチをし、世界中を感動させました。
その彼女もいまは2児のお母さん。
愛というメッセージを持って、私たちのところへやってきてくれます。

*世界中が感動したセヴァンの『伝説のスピーチ』@1992年国連環境サミット(当時12歳)
http://cgi4.nhk.or.jp/eco-channel/jp/movie/play.cgi?did=D0013770650_00000

22年が経ちました。
このときに危機感を持って、棲むところを追われ、行く場所もなく絶滅していく動物たちのことを訴えたセヴァンさん
その後の世界の状況はどうでしょうか?
よくなっているどころか、環境破壊はますます加速しています。

今回の彼女のメッセージは「愛」
愛こそが世界を動かしていく。まさに。

2/16@MIURA
LOVE IS THE MOVEMENT.


xusa
  1. 2014/02/07(金) 21:13:32|
  2. xusaのしごと

「草と暮らす』第2回

メイド・イン・アース
WEBサイト
連載第2回UPされました。

「草と暮らす 第2回 草たちの冬 草藁 稻藁 麦藁」



宮古島でつくった月桃の繊維の編籠

xusa
  1. 2014/01/21(火) 23:48:34|
  2. xusaのしごと

草コラム アップ

IMGP1507.jpg IMGP4001.jpg
夏につくった葛の糸

ブログの更新もままならぬ、というのに、
先週から週に一度のwebマガジンコラムが始まりました。
〆切りという強制力が働かないと、たぶんさぼりつづける性分ですが、
きのう二度目のコラムのアップ、自分でも毎週できるなんて、驚きです。
まだたったの2回ですし、文章はさっと読めるようにと、俳句的なきもちで短いので、驚くようなことではないのですが。

連載にあたり、初めての人への少し説明、という意味で、ひさしぶりに「草の布」のことを書いてみました。
よかったらどうぞご覧下さいね。
BRISA 海辺の草こよみ

IMGP4026.jpg
庭には初水仙!

xusa
  1. 2013/12/05(木) 08:37:29|
  2. xusaのしごと

Tシャツ デキタ

Tシャツ

メイド・イン・アースさん
とコラボでTシャツのデザインをさせていただきました。
オーガニックコットンの生成り生地に
土と藍のインク、
ノリもこんにゃくが原料、
純オーガニックなTシャツです。

実際の色はとてもやわらかな若草色。
ふんわりやさしいカラーになりました。
うれしいな。

限定の予約販売だそうですよ。
http://www.made-in-earth.co.jp/news/cat8/genteitshir.html

お知らせでした♪

xusa


  1. 2013/09/18(水) 01:09:11|
  2. xusaのしごと

新月の日の草染めWS * Be Nature School



秋のはじめの新月
10月5日土曜日、草舟にて草のWSをします。
今回はBe Nature Schoolの主催によります。

_______________________

新月の植物染め @ 草舟 on Earth
_______________________

2013年10月5日(土)

朝から夕方まで
於 森・草舟・もしかして海にも

:::::

植物に溢れ、庭より海を一望する、ワイルドな草舟の庭での、草の一日です。
裏山の森を歩いて素材を探し、庭で煮出して染めます。

草に触れ、草をいただき、その命を布に映しかえる。
月の引力が一番つよいこの日、植物のエネルギーを身に受けながら作業をしていきます。
草はどんな表情を見せてくれるでしょうか。
皮膚や感覚器をとおして草の力を自分にも移しかえる作業です。

草舟に展示してある、「草の布」をご覧いただきながら、草のお話もしましょう。

身の周りの植物でつくったスキンローションや、虫さされの薬の紹介、
お茶や、モグサや、「草弁当」、、草づくしの時間です。
今進行中の「草カーテンプロジェクト」にもご協力ください。
染めをしている待ち時間に、草からつくった糸を編んで、草の断片をつくっていただき、
それを一つの大きな布にするというものです。

思いきり質素な、日頃の「草暮らし」の一端ものぞいていただけると思います。

参加ご希望の方
詳細は
Be Nature Schoolのサイトにてお願いいたします。


IMGP3547.jpg

草舟 on Earthはこんなところ・・
http://www.hellomag.jp/lifestyle/2013/07/room-relay-vol17.html
  1. 2013/09/13(金) 13:29:55|
  2. xusaのしごと
前のページ 次のページ